キャッシングしやすい職業・属性はあるの?

MENU

キャッシングしやすい職業

キャッシングをしたい、と考えている方はその審査も気になりますよね。

 

職業によってはキャッシング審査に通りにくいという口コミや噂もあるものですから、果たして自分の就いている職業がキャッシングしやすいのだろうか、と不安に感じている人もいるでしょう。

 

あるいは、職業ではなく、仕事なしの無職で借り入れがしたいと思っている方や、お給料は安定してもらえる職業にとりあえずのところ就職したは良いけれど、仕事を始めたばかりだからキャッシングの審査に通るか分からない、と考えている人もいらっしゃるでしょう。

 

さて、当カテゴリでは、一般的にキャッシングがしやすいとされる職業について解説していきたいと思います。

 

各職業別に記事を設け、キャッシングをしてお金を借りることができるかどうかを明らかにしましたので、ご自分の就いている職業に応じて、読む記事を決めて頂ければ幸いです。

 

職業には、大ざっぱに分類すると、普通のお給料を毎月貰っている会社員、短期・長期で働く派遣社員やアルバイト・パート、自営業(個人事業主)や水商売などがありますよね。

 

これらの職業に就いていて、「キャッシングしやすい金融機関はどこかな」とか、「キャッシング審査が不安……」という方も、その疑問や心配が解消されるような記事づくりを心掛けましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

キャッシングしやすい属性

キャッシングしやすい属性についても、職業ほどではないにしても気にされている方も多いでしょう。

 

キャッシングの属性というと、何だか難しい言葉に聞こえてしまいますが、結構、簡単です。

 

一言で説明してしまえば、キャッシングの属性情報とは、審査の際にキャッシング業者が見る項目のことです。

 

具体的に言うと、キャッシングの属性情報は、以下のようなもののことを指します。

 

キャッシングの属性情報

・職業
・年収
・勤続年数
・雇用形態(正社員、アルバイト、派遣社員、契約社員など)
・既婚の有無
・家族構成
・居住年数
・居住形態
・電話
・健康保険の種類

 

キャッシング審査の際に、消費者金融や銀行の担当者は、上の項目を見て、顧客が審査に通しても良いかどうかを考えます。

 

少しだけ例を挙げて、キャッシング審査に一般的に通りやすい属性について説明してみましょうか。

 

たとえば、キャッシング審査で見る項目に家族構成があります。

 

一般論ではありますが、キャッシング審査に有利になる家族構成として、独身者で家族と同居が挙げられます。

 

なぜなら、独身で仕事をしている方は自由になるお金が多いですし、その上、家族と同居している場合は、家賃や光熱費を支払う必要がなかったり、支払うとしてもその負担は軽減される可能性が高いからです。

 

したがって、独身で家族と同居している方は、他の状態の方と比較して返済能力が高いことが予想されますよね。

 

このように、キャッシングをしやすい属性というのは必ずあります。

 

もし、キャッシングしやすい属性情報について気になっているのなら、以下の記事も参照して頂ければ幸いです。